靴下の歴史

子供が靴を履くようになると、子供靴下を購入する人が増えるのではないでしょうか。そんな何気なく履いている靴下の歴史をご存知ですか?日本で靴下を履きだしたのは5世紀頃のことです。足袋の原型といわれている「しとうず」と呼ばれる靴下で、中国から伝わったとても貴重なものでした。しとうずが足袋に変わってきたのは平安時代。今の形の靴下を庶民が履くようになったのは、明治時代だといわれています。靴下は大昔から存在していて、形を変えながら現在へと伝わってきました。

赤ちゃんには靴下は不要

赤ちゃんに靴下を履かせるかどうか悩むこともあると思いますが、基本的にはなくても問題ありません。低月齢の頃は、寒い日の外出に履かせると良いですが、新生児期にはあまりお出かけはしないので、使う機会がほとんどないかもしれません。赤ちゃんは足の裏で体温調節をしているため、普段はあまり履かせなくても大丈夫なものです。靴を履くようになってから、合わせて子供靴下を用意すると良いでしょう。

靴下の修理でベストな方法って?【手縫いとミシンの比較】

手間がかからない手縫いで靴下を修理する方法

靴下と色味の近い刺繍糸で、穴を塞ぐように上下に縫っていきます。引っ張りすぎても生地がよれてしまうので、適度な力加減が大切です。これだけで簡単に穴が見えなくなります。子供靴下はすぐに穴が空いてしまうので、手間がかからないことは大きなポイントではないでしょうか。

靴下修理に大きなミシンを使う手間は必要ない?

ミシンで穴を塞ごうと思ったら、靴下を裏返して穴の縁を縫い合わせる方法が一般的です。しかし、たったこれだけのために大きなミシンを出してくるのは大変。すぐにミシンが使える状態にあり、穴の空いた子供靴下がたくさんある場合は、ミシンのほうがラクに修理ができます。

[PR]カワイイ子供靴下を豊富に販売☆
販売価格がリーズナブル♪

お気に入りの子供靴下はメンテナンスをしながら愛用する

キッズ

子供靴下は滑り止め付きが安心

子供靴下を選ぶとき、何を基準に選んでいますか?かわいい見た目で選ぶのはもちろんですが、滑り止めが付いていると安心です。子供が活発に動き回るようになると、ひやっとする場面が何度もあります。ただでさえ靴下は滑りやすいものなので、そのままフローリングなどを走り回るのは危険です。できれば素足がいいところではありますが、少し大きくなってくると履かなくてはならない場面も増えてくるのではないでしょうか。靴下に滑り止めが付いていると、滑りづらくなるので子供の怪我を防ぐことができます。かわいい形の滑り止めが付いた子供靴下もたくさん出ているので、楽しく探してみてください。

靴下を長持ちさせる方法

すぐにボロボロになってしまうイメージの子供靴下ですが、できれば長持ちさせたいものです。靴下を長持ちさせるには、足の爪を切ることを忘れないようにしましょう。靴下の指の先の部分は特に傷みやすいので、爪にヤスリをかけて整えてあげるとなお良いです。また、ズレないように、足にぴったりのサイズを選ぶことも大切です。洗濯機を回す時はネットに入れると洗濯のダメージを軽減することができます。最後に、できるだけ枚数を揃えて、同じものを頻繁に履かないようにしてください。ある程度の休憩は、靴下にも必要です。すぐにできることばかりなので、ぜひ試してみてください。

広告募集中