子供靴下を購入する際にはサイズをきちんと選ぶ

靴下が必要になる年齢

生まれたばかりの赤ちゃんに初めて履かせる靴下、とっても小さくて可愛らしいですよね。出産祝いでいただいたり、ベビードレスを着せるときに履かせたりで、一度は手に取ったことがあるでしょう。でも、赤ちゃんは手足で体温を調節するので、実は靴下は必要ないんですよね。もちろんものすごく寒い場所に行くときなどは履かせたりしますが、家にいるときは履かせていても知らない間に脱げていたりすることも。
それでは、子供靴下が本当に必要になるのは一体いくつになってからなのでしょうか。
これは、子供が靴を履いて本格的に歩き出す1歳前後になってから。運動靴など、足が覆われるタイプの靴を履くときに足を保護するのが目的です。靴を素足で履くと、靴擦れの原因になったり、蒸れて水虫になったり(子供にも意外と多いです)するので、靴を履いて外遊びをするようになれば、靴下は必須になってきます。

子供靴下を購入する際にはサイズをきちんと選ぶ

足

子供靴下の選び方

子供服売り場に行けば、色々なデザインや素材の子供靴下が売られています。まだよちよち歩きの1〜2歳頃は、肌に優しい素材のもので、裏に滑り止めがついたものがお勧めです。室内で子供が走ったとき、滑り止めがない靴下はかなり滑ります。付いていれば安心ですよね。もっと大きくなって活発に動くようになったら、靴の中で脱げてしまわないように少し長めのものを選んで。くるぶしより下の、いわゆるスニーカーソックスのようなものは、飛んだり跳ねたりしているうちに脱げてしまい、つま先に溜まってしまったりするので選ばないようにしましょう。

季節ごとのおすすめ素材

子供靴下に限らず、子供の衣類には綿がいい!と思いがちですが、布の素材には色々な特性があります。季節によって素材を変えると快適さが断然違ってきます。
例えば、綿の靴下は一度湿ると乾きにくいです。梅雨のジメジメ時にはコットン100%のものより、リネンコットンといって麻を混ぜたものを選ぶと、汗や雨で湿ったときに乾きやすくなります。
冬の寒い時期にはウールやモヘアを。暖かいですし汗を吸収する力が強いので、冬にありがちな靴の中の蒸れを防ぐことができます。そしてこのウール、実は夏にもお勧めです。汗を吸収する上に通気性も良いので、汗ばむ足元を涼しく保ってくれます。
注意するのは、化学繊維を使用したものは選ばないこと。化学繊維は汗を吸収しないので、靴の中が蒸れてしまいます。子供は汗の量が多いので、汗を吸収してくれる自然素材のものを選ぶといいでしょう。

サイズ選びは慎重に

靴を購入する時にはサイズを気にして採寸したりするものですが、靴下のサイズとなると疎かにしがち。でも、子供靴下を買うときはサイズにちょっと気をつけて下さい。
靴には「捨て寸」といって、本来のサイズに少しゆとりを持たせた空間があります。つま先が当たるのを防ぐためのものですが、メーカーによってはかなり捨て寸をとっている場合もあります。靴のサイズに合わせて適当に靴下を買うと、キツくて爪先が痛い!かかとが入らない!なんてことも…。
小さな子供ほど成長が早いので、まだ大丈夫と思っていてもすぐにサイズアウトしてしまいます。少し面倒ですが、ちゃんと測ってから購入するほうが失敗せずにすみますね。

靴下の収納方法

子供靴下、そのままタンスに放り込んでいたら片方が行方不明に…なんて、よくありますよね。履かせようとしたら片方見当たらず、後になって下の方から発掘!なんてこともしばしば。何とかしたい!
小さな子供靴下は、一対を揃えてくるくる丸めてから収納すると、場所も取らず無くす心配もありません。左右揃えた靴下を爪先からくるくると丸めて、最後に履き口を裏返して被せるだけ。タンスの隅に靴下ゾーンを作って放り込んでおけば簡単、きれい、探す手間も無し。
お子さんが手伝える歳になったら、お手伝いしてもらうのも楽しいですね。

広告募集中